メイン画像

通販サイトでコンタクトレンズを発注する際に

通販サイトでコンタクトレンズを発注する際に、どのやり方で見つけると良いでしょうか。コンタクトレンズの通販には、とりわけ2種類あり、国内発送のショップと、海外からの個人輸入代行があるのです。どちらにも良い点とデメリットはあります。低価格で、処方箋が要らない海外からの個人輸入代行の購買と、コンタクトの価格はかかりますが、届くのが早く海外製でないという安心のある、国内発送のショップとどう選ぶのかは個人の自由ですし個人の考え方によって違ってくるでしょう。

コンタクトレンズ使用時に守るべきことは、交換時期を守る事です。使い捨ての場合は1dayなら1日、3マンスなら3か月と使用期間があり、通常のコンタクトの場合も、ハードの場合2〜3年、ソフトなら2〜5年などの規定があります。それを超えて使う方もいらっしゃるようですが、やはり汚れや傷の恐れが出てきて、目にとって良いとは言えません。定期健診と同時に、レンズの状態も診断してもらうようにするのが良いと思います。

ファッションの一部にカラーコンタクトレンズを利用するのはおしゃれですが、安全面をきちんと確認する必要があると思います。安全面を見る方法として薬事法の規制に則っているかということが、大事です。厚生労働省などのホームページでも調べることができると聞きます。危険がないカラコンであったとしても、使い方が違えば意味がありません。カラコンは最高でも、8時間の連続装着を超えてはいけません。それで、1dayは勿論、一日だけの使用ですし、他人との貸し借りなどは恐ろしい話です。